香水 体臭

体臭がしているかもと思うと、自分に自信がどんどんなくなっていってしまいますよね…手っ取り早く香水で体臭を消そうとする人も多いですが、実が香水を使うと逆効果!体臭を効果的に消す方法をお教えします。
MENU

体臭を香水でごまかすのは逆効果!?体臭を消す効果的な方法4選

「もしかして臭っているかも…」と思うと、周囲の人にばれていないか不安でしょうがないですよね。

 

実は陰で体臭がするって噂されているかもしれないと思うと、積極的に人と話すことができなくなり、人に近づくことも怖くなります…

 

仕事や外出をしていると、シャワーを浴びることもできないですし、手軽に香りをごまかすことができる香水を使う人も多いのですが、香水で体臭は消すことができるのでしょうか?

 

 

<香水で体臭はごまかせない…さらに悪臭になる可能性も>

 

香水をふりかけることで、何となく体臭がなくなったように思えますが、体臭と汗と香水を混ざることで悪臭になることも…

 

また、体臭を消そうとしようと、必要以上に香水をつけすぎてしまうことで、香りがきつくなりすぎてしまい、周囲の人から嫌がれるでしょう。

 

残念ながら、香水で体臭を消すことができません。

 

一時しのぎになるどころか、さらに悪臭を放つ危険性があります。

 

香水で体臭をごまかす前に、体臭を効果的に消す方法を知っておきましょう。

 

 

<体臭を消す方法@ 汗を残さない>

 

汗と皮脂が混ざり合うことで、雑菌が増殖しやすくなり、体臭を放つ原因になります。

 

汗かきの人は汗をかいたら、すぐに拭き取るよう心がけ、着替えもいくつか持っておきましょう。

 

 

<体臭を消す方法A 食生活の見直し>

 

脂質が高いものばかり摂っていると、皮脂が酸化しやすくなり、体臭を起こす原因になります。

 

偏った食事は控え、栄養バランスが摂れた食事を意識的に摂るように心がけてください。

 

食生活が原因で体臭が出ている人は肉類ばかり食べている傾向があるので、きちんと野菜も摂取するようにしましょう。

 

 

<体臭を消す方法B ストレスを溜めこまない>

 

ストレスを長時間溜めることで、自律神経を乱します。

 

自律神経が乱れると、汗に乳酸菌が混ざるようになり、この乳酸菌が含まれた汗には悪臭を放つ性質があります。

 

また、ストレスによる消化器系機能を低下させることで、食べた物の分解力が下がり、食べた物が胃に残ったままになってそのまま酸化します。

 

酸化すると、胃に留まらず、臭いが口や汗から出てきてしまうのです。

 

あまり無理をしすぎないで、適度に休憩を取ったり、好きな趣味をしたり、友達と話すだけでもストレスが解消されていくので、出来るだけ体と心を休めるように心がけましょう。

 

 

<体臭を消す方法C 洗いすぎには要注意>

 

体臭が気になるからと、何度もゴシゴシ体を洗ってしまう人も多いのですが、必要以上に体を洗ってしまうと、善玉菌までも洗い流してしまいます。

 

善玉菌の量が減少すると、悪玉菌が増えやすくなり、嫌な悪臭を放つようになるのです。

 

体臭を消すためには体を洗うことは必要ですが、あまり過度に洗いすぎると体に必要な善玉菌まで洗い流してしまうので注意してくださいね。

 

 

<どうしても治らない場合は体臭予防のサプリも摂取!>

 

上記の事を改善させても、まだ体臭が軽減されない場合は体臭予防のサプリを摂取するのもいいでしょう。

 

内側から体臭の原因を改善させることで、今まで悩んでいた体臭がすっかり改善された!という声も多く寄せられています。

 

ただ、効果には個人差があるので、サプリだけでは体臭を改善できないので、体臭予防のサポートとして利用してみるのもいいでしょう。

 

何をしても体臭が治らない…と悩んでいるのであれば、体臭サプリで補うこともおすすめします。

 

 

<香水は香りを楽しむもの>

 

香水は本来香りを付けることで、リラックス効果ややる気アップ、女子力向上など香りの効果を楽しむために作られているものです。

 

体臭を香水で消そうとしても、逆効果になるだけなので、注意してくださいね!

 

どうしても香水をつけたいのであれば、少量をちょっとつける程度にとどめておき、香水のつけ過ぎには気をつけましょう。

 

>>リビドーロゼの正しい使い方【口コミで分かった「効果なし」の原因】

メニュー

このページの先頭へ